フリーランスになる前にクレジットカードの契約を

フリーランスという働き方にあこがれている人はたくさんいますが、いざ実際にフリーランスになると、現実は甘くないと感じることもたくさんあるでしょう。


時間ができる反面、特に金銭面では社会的弱者であることを感じる人もたくさんいます。

特に区別されてしまうのが、「審査」です。


審査が必要なものはたくさんありますが、特にクレジットカードやカードローンでは会社員でないというだけで低く評価されることも珍しくありません。収入がたくさんあったとしても、一時の物だと思われてしまうこともあります。



また、家の契約でも苦労することがあるでしょう。

フリーランスになって新しく引っ越しをしようと思ったとき、特に営業期間が短いと無職のように扱われることもあります。
クレジットカードやカードローンが必要ないと思っている人でも、フリーになるのであれば、もしものときの生命線としてカードの契約はしておいたほうが良いでしょう。



会社員であれば比較的簡単に通ることができるものも、会社を辞めたとたんに審査に通らなくなってしまうためです。

特に勤続年数が長ければ高く評価されます。カードがあるからと言って自由にお金を使っていいのではなく、報酬が支払われるまで耐えるためなど、最低限の生活を営むために利用しましょう。そういったもしもの時に助けてくれるカードがあるかないかで、安心して仕事ができるかどうかが変わってくるのが、フリーランスという働き方です。