ITフリーランスになったときの注意点

特にITベンチャーでは職場での拘束時間が長いこともあり、会社で働いていると自分の時間がないと感じることも少なくありません。

そのためフリーランスになって自分の時間を作ることへの憧れが強い人もたくさんいます。

また、会社員と違って早く仕事を終わらせれば、それだけ時間当たりの時給が高くなる点も魅力です。


フリーランスになることによって、より効率的に仕事をこなすことを目標にすることができるでしょう。


魅力的なフリーランスという働き方ですが、注意しておかなくてはならないことがあります。それは、仕事をしたからと言って、毎月決まった日にお金が入るとは限らないことです。

請求書を送付してから入金まで、一定期間空白の時間が存在します。
これを「支払いサイト」と呼びます。



支払いサイトは会社によって設定が違っていますが、長いところでは2か月近く待たなくてはなりません。

今月仕事を終わらせても、その報酬が入るのは再来月になるのです。


家賃などの支払いもありますので、新しい取引先と仕事をする場合は支払いサイトについて確認しておかなくてはなりません。



特に規模の大きな案件を請けた場合は、分割での払ってもらうことは可能かどうか確認することも大切です。



大きな案件では数ヶ月かかることもありますので、作業をした分でも少しずつ払ってもらわないと生活自体が行き詰ってしまうことがあるためです。
もしものときのために会社員のころよりも積極的に貯蓄をしていかなくてはなりません。