フリーランスになったら変えたいカードローンの契約

カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用しているフリーランスの人は多くいます。


給与所得と違って報酬制になることで、毎月決まった日にお金が入ってくるとは限らないため、こうしたカードを生命線にしているためです。一般的なキャッシングやカードローンは使用使途自由となっていますが、事業性資金への利用は禁止されています。



とはいってもフリーランスの「事業」はどこからどこまでか明確にすることは難しいです。

家賃の支払いも自宅で仕事をしているのであれば、事業性がないとは言い切れません。

カード会社は契約者の支出に関していちいちチェックはしていないため、仕事で使うものを購入したとしても黙認するのが実情です。


フリーランスになったら「自営業者向けローン」というものが利用できるようになることを覚えておきましょう。


すでに契約している金融機関が出しているのであれば、簡単に切り替えができる場合もあります。



自営業者向けのローンでは総量規制の対象外になるため、借入先が消費者金融でも銀行並みの低金利のローンに化ける可能性があります。



また、利息負担を「経費」として計上することができるようになるため、毎年の節税対策にもなります。

一般のカードでは事業に利用していないことを前提としているため、経費の計上はできません。

総量規制以上に借り入れができるようになるため、他社の細かな借り入れなども一つにまとめることができるようになります。